スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

いろんな世界Ⅱ

2007.05.12 *Sat
今週はMother's day weekend.
ラジオからは"How much love her." "How wonderful she is."を伝えよう!が聞こえてくる。
カナダではほんの電話の終わりに"Love you dad(mom)"という。
『じゃぁね、お母さん、愛してる』・・・言ったことない。
LOVE YOUは愛してると訳されるけど、表現の仕方や使う相手が違うから無理もない。
『愛してる』でないものの今日は電話して『いつもありがとう』と言おう。

さて、全開の続き私が世界の文化を感じた2作目。
『The Last King of Scotland 』
uganda1.jpg実在の人物アミンウガンダ元大統領の光と影を架空の人物スコットランド人ニコラスの視点で描いた作品。

独裁者、人食いアミンと呼ばれた元大統領が残虐な歴史を残したことは事実。
ただこの作品ではアミンの独裁者である残虐な一面と貧しい家庭から大統領まで上りつめた彼の魅力、そしてトップに立った時の彼の苦悩と恐怖がうまく描かれていると思う。

映画の中での衝撃的なアミンの言葉
『It's real,Nicolas... I am real,you are real.It's not game』

20070508055815.jpgアミンの壮大な存在感と地位に惹かれて側近という地位にまで至ったニコラスだったものの、次第に自分の育った国とは異なる環境と文化、時に起こる抗争、アミンからの異常といえる信頼と束縛に耐え切れず自国スコットランドへ帰ろうとする・・・が。
軽い気持ちで起こした行動がとんでもない結末を生む。

世界には自分の想像や常識を超える事実がある。時に自分の常識がまったく通用せず、真逆だったりする。彼の言葉を聞いたとき、そんなことをリアルに感じた。

そしてもう一つ強く印象にのこったのは映画の最後のアミンがニコラスの乗る飛行機を見つめる目
徐々に勢力を失っていく彼の予感させるシーン。
そこにはトップに立つ物だけが味わう誰も信用できない苦悩を表現する悲しくむなしい瞳があった。
独裁者と呼ばれる彼ら、彼らの残した残虐な歴史はまぎれもない事実であり非難を逃れられないもの、迫りくる恐怖と苦悩が彼らを狂気と化したのかもしれない、そう感じた。

Happy Endではない作品(また・・・)であるものの見てもらいたい作品。
※Girls!!!ニコラスを演じるジェームズ・マカヴォイも注目!
※Guys!!!アミンの第三妻を演じるケリー・ワシントン注目!




COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

aya、元気かな?
日本人はキモチを素直に言葉にするのが苦手・・・。
でも「ありがとう」この一言なら言えるよね。
何気ない一言だけど絶対に大切。

映画は見てないけど、先週甥っ子を連れて人形劇に
行って来ました。
飯田人形劇場でやったんだけど、満席でビックリ!
「舌きりすずめ」って人をだましたり、意地悪したり
子供にはちょっと・・・って内容でした。
ま、甥っ子は満足してたからいいけど。
2007/06/06(水) 17:44:26 | URL | LISA #- [Edit
人形劇かぁ、有名だもんね、飯田市!!!
私も小さい頃見に行ったなぁ、懐かしいよ。

LISAは相変わらず忙しいのかな?
仕事のほうはどう?ちゃんと休めてますかー?
2007/06/26(火) 11:07:35 | URL | kinioki #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

kinioki



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © Kinioki's café All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ( 素材:ふわふわ。り ) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。