This Archive : 2006年01月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

小さなレギュラーカスタマー

2006.01.30 *Mon
今日は朝の雨降りから一転、思わずLOVELY DAYと叫びたくなるような晴天&春の陽気
そんな一日がもうすぐ終わろうしたBIG NEWS の夜7時
『Aya~aya~♪』の声とともに扉が開く
見覚えのあるナイスガイの足元に居たのは私の大事なカスタマー
“TRISTAN”トゥリスティン 若干2歳
彼はBIG NEWS と BLENZ の中で一番小さなカスタマーで私のお友達
毎週月曜日、パパとスイミングに行く前にBIG NEWSでミルクとラズベリバーを食べていく
Thank you と一緒に投げkissをする
いつしか毎週来るたびに二人で遊ぶようになった
本当に愛らしい笑顔としぐさ
この笑顔にはさすがのオーナーも笑顔、まるで孫をあやすグランパ
今日はカウンターの中まで入って私のお手伝い

ふとTRISTANのパパが『Ayaは子供と遊ぶのが得意だね』って言った、意外。
『本当』と半信半疑で聞き返すと『とっても自然に接してるから』
『車の中に居るときから『Aya、aya』って言ってたんだよ』とパパ
知る人ぞ知る、対子供が一番緊張する私、苦手分野・・・
どう接していいのかわからない・・・そう思ってきただけに驚いた
きっとトゥリスティンが私の緊張を解してくれたんだって思う
あとはやっぱりホストファミリーのRILEYと過ごしてたことがいい経験になったかな。

今日はそんなトゥリスティンを愛らしく思いつつ、同時にライリーに会いたくなった
20060131152504.jpg

スポンサーサイト
COMMENT (8)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

最初で最後?の1月26日

2006.01.29 *Sun
前回のブログからあっという間に1週間経っていた。
それを物語るように金曜の夜から土曜の夜にかけてナント20時間寝てしまった。
こんなことは物心ついてからは初めての経験かもしれない
慌しくもあり色んなことが詰まった1週間だった。

1月26日 CANADAで迎えた誕生日
最初で最後かもしれない特別な誕生日
改めて自分の今までの生活、人生を振り返ってみた。
そんなに深く深く考えたわけではないけど『私、幸せだ』と思った。
宝くじが当たったことも、特別な才能があるわけでもないけれど自分の人生を楽しんでいる。
辛いことも悲しいこともあるけれど嬉しいことも幸せだなって思うことも沢山ある。
いっぱい笑って泣いて怒って日々が過ぎていく。
人付き合いが特別上手ではなくて返って不器用な私を支えてくれる友達がいる。
○○回目(一応公表は控えます・・・笑)の誕生日をここCANADAで迎えてる。
やっぱり幸せだな、私。

今日は朝BLENZのバイトに行って夜は友達とゴハンを食べた。
朝、少しお客さんが引いたその瞬間
オーナー夫婦が『Happy Birthday Aya』と歌いだして奥からキャンドルがささったケーキを持ったRYANが現れた。
皆で歌ってくれて驚きと嬉しさで涙が出た
年齢キャンドルの大きさはさて置きこんな美味しいケーキはここに来て初めてだった。
夜、親友SHIGEKOのカードを見て涙が出た・・・泣いてばっかりだな、今日は。
特別なこの日に私の大切な人達に祝ってもらえてこれほど嬉しいことはない。
先週は皆からのメールやカードを見ながら泣いたり微笑んだりしながらBEDに入った。
『いくつになっても誕生日っていいな』
COMMENT (3)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

出掛けない週末

2006.01.15 *Sun
唯一のDAYOFF、土曜日。
久しぶりに目覚ましなしでゆっくり眠る・・・
ん??気付けば14時を回ってる。
昨夜は週末だというのに外出もせずmy roomでのんびり。
本を見ながらそのうちに眠ってしまったよう。
今日は『KING KONG』を見に行く予定だった。
夕方やっとの思いでシャワーを浴びて支度をする。
皆と食事を楽しんだ後、映画館に向かう。
キングコング・・・SOLD OUT!!
そこから3箇所別の映画館に車を走らせ・・・
SOLD OUT と上映中既に前半終了・・・
その頃には他の映画を見る元気もなく帰路についた。
映画を見た皆が『良かった』と口を揃えて言うこの映画、来週は少し早めに映画館へ!
そこで部屋についた私はお気に入りのDVDを見ることにした。
『SOMETHING'S GOTTA GIVE』(『恋愛適齢期』)
ジャック・ニコルソン&ダイアン・キートン&キアヌ・リーブス主演
ラブコメディーで笑いあり感動あり、大人の恋愛だけどどこかピュア
映画館で見たときからお気に入りの映画の一つ。
自分が彼らの歳位になった時、隣に居る誰かとまた見たい作品。
もし良かったら皆さんも見てみては?楽しめるはず!
『SOMETHING'S GOTTA GIVE』
20060116133209.jpg

日本語版『恋愛適齢期』
20060116133941.jpg

COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

豆乳生活

2006.01.12 *Thu
coffeeに囲まれる生活から2週間
何やら身軽になった
んんっ?痩せたかも(喜!!)
よく考えたら朝BLENZで仕事の合間のシリアルと夕方の適当ゴハン
それを2週間続けてたというか気付いたらそんな感じになってた
バンクに来て多少太った気がしてたけどこれで安心安心ホッ

過去の経験から忙しくて痩せると“ヤツレ痩せ”になりがちだったけど
そんなこともなくむしろ快調
やっぱりいいんだ!『豆乳』
朝のシリアルも豆乳で、仕事の合間もSOY LATTE、仕事終わりにも豆乳
BLENZを始めて以来毎日豆乳飲んでる
過去、驚くべき実証のある豆乳効果(知ってる人は知っている)
豆乳で痩せるというわけではないけどヤッパリお勧め
唯一実証できているお勧め食品で今までも特に女の子に進めてきたけど
これは男性にもお勧めかな、仕事パートナーのRyanもお勧めしてたし。
皆も試してみては???

こっちの人は特にSOYを好んで注文するお客さんが多い
他にもCAFE LATTEだったら
ミルクも1%・2%・HOMO(3.25%)・skimmilk(無脂肪乳),
extrahot(特別熱く)その反対にぬるめ,noform(ミルクフォーム無し)
フレイバーでもバニラとヘゼルナッツ半分ずつ,ノーシュガーバニラの他5種類のフレイバー
CAPPUCCINOでもdry,wet・・・とミルクフォームの種類
MOCCAならチョコレートの種類やhalfsweetで甘さの調節
本当に自分のcoffeestyleを持っているって関心してしまう。
始めは早すぎて聞き取れなかったけれどcafe生活4ヶ月で鍛えられた

BIG NEWSのレギュラーカスタマーの一人に見るからに神経質そうな人がいて
毎回「nonfat latte extrahot175度(指定)」をオーダー
温度計までcheckするというある意味恐ろしいカスタマー
私も始めは熱すぎるとかミルクフォームがクリーミーでない等々で作り直しをしたけれど
最近は何も言わずThank youと言ってくれるようになった
文句も言うけど毎日来るってことはBIG NEWSの味が好きなんだろうなぁ。




COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

今年初の報告!

2006.01.07 *Sat
そろそろ日本もお正月休みが明けて2006年本格的にスタートの頃?
バンクは2日からほとんどの会社が始まって既に通常の日々。
とはいえ、街にははHAPPY NEW YEAR! HOW WAS HOLIDAY??
そんな会話が飛び交っている。

今日もバンクは暖かくて雨降り。
それは去年と変わらず

今年“初”の報告
『SECOND JOB 見つかりましたー』
BIG NEWS CAFE をもう少し行ったところのBLENZ
いくつかcafeにレジメを出して返事が早かった
オーナーはとってもフレンドリー
数ヶ月前にオーナーになったばかりらしく本人が一生懸命
何よりもお客さんが心地よく過ごせるように、スタッフには楽しく働けるよう心がけている
スタッフはまだ4人くらいしか会ってないけどいい人ばかり。

私のパートナーになるライアンはオーナーより長く働いていて
面倒見の良さから年上かな?と思いきや年下だった(驚)
毎日立ち寄る彼女ともお似合いで楽しそうな二人が微笑ましくって少し羨ましい

そんなこんなで1月2日から始めたもう一つのcafe
すでに何ヶ月も仕事していたような感じがする
これもBIG NEWSでの苦労のお陰かな、経験って大事なんだって思った。
「BIG NEWS」と「BLENZ」
雰囲気の違う二つのcafe

それぞれいい所があって
でもどちらも私にとって必要な場所

忙しい日々が始まる
BLENZは週5で朝5:30から8H
日によってはその後BIG NEWSで6H
好きなエスプレッソマシーンに触れてコーヒーの香りに囲まれて。
正直、足がクタクターになるけれどこの環境なら頑張れそう
きっと色んな出会いが待っている
また色んなことを報告できたらいいなって思う。
COMMENT (5)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

A HAPPY NEW YEAR

2006.01.01 *Sun
A HAPPY NEW YEAR

一足遅れてCANADAで新年2006年を迎えた
同じ新年を時間差で迎えるのは何だか変な気分。当たり前だけれど。
年末年始はVANCOUVERも東京と同じく、街に人が溢れ新年を祝う昨夜は市バスもFREEで人を運び、クラブやバーは長だの列。
あのクリスマスの静寂さはどこへ?と驚くほどの盛り上がり
31日の夜、静かなKITSILANOを出てクラブでカウントダウン最高の盛り上がり
そして元旦、友達の家で年越しそば美味しい

毎年元旦に心の中で誓う、今年の豊富
『今年は自分が興味をもったことはどんどん挑戦していきたい。
たまには失敗して後退するときもあるけれど、残されたCANADA生活を
自分の足で一歩一歩進んでいきたいと思う。』

最後に…
CANADAに来て半年、このブログの皆のコメントに何度も助けられてきたと思う。
CANADAでの人の出会いも大きいけれど、その生活を支えてくれている日本の皆の存在は本当に大きい。
このブログが何か皆の役にも立っている事を祈りつつ、2006年もCANADA生活を記していきたい。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



プロフィール

kinioki



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © Kinioki's café All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ( 素材:ふわふわ。り ) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。