This Archive : 2005年11月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

初雪

2005.11.29 *Tue
11月28日 VANCOUVER 初雪
朝から今までにない寒さだった。
ダウンに厚手のマフラー、肩をすくめながら仕事に向かう。
青い空の向こうに雪をかぶった山々が見えた。
まさか街中まで雪が舞うとは思いもせず。

お客さんの一人が「今日は雪が降るかもしれないね」
話によると昨年は暖冬だったらしく雪が少なかった様。
今年は寒くなるのも早いし、スキー場のopenも早いから雪の多い冬になるかもしれない、とのこと。
スキー&スノボー愛好者には楽しい冬になりそう。

仕事が終わって今日は友人のFAREWELL PARTYに駆けつけた。
彼女は12月1日に日本へ帰っていく。
PARTYが終わって外に出ると雨かと思いきや雪!!!!
どうりで寒いわけ。お客さんの言ったとおり。
初めて見るVANCOUVERの雪景色。
日本へ帰っていく彼女へのプレゼントかもしれないな…と思った。

東京はまだまだ雪は降らないかな。。。
飯田は相当寒いらしいけど今年のクリスマスはどうだろう??
スポンサーサイト
COMMENT (3)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

清々しい気持ち

2005.11.27 *Sun
今日は朝かこれでもかってくらいの晴天
久々に太陽の光りを浴びつつ仕事へ。
ヤッパリ晴れの日は人通りも多い気がする。
歩く人も何となく笑顔の人が多い。

こんな日は外へ出掛けたい!!でも仕事・・・。
でも今日はまた一つ嬉しいことがあった
お店にはcoffee類の他に15種類のteaや他色々置いている。
その中でchaitea latteを注文した夫婦で来ていたお客さんが飲み終わった後、
「こんな美味しいチャイティーラテは初めて。ありがとう
と笑顔で言ってくれた。
基本的に味は変わらないと思うけどチャイとミルクの分量とスチームの仕方で多少違う。なるべく丁寧に作るように心がけていただけに気持ちが伝わったようで嬉しかった。
基本的に挨拶やありがとうを口にする文化は持っているからほとんどのお客さんがありがとうをいってくれるけどわざわざ近寄ってきて言ってくれたのは本当にジーンときた。

今日の空の晴れのように私の気持ちも清々しい気持ちで仕事ができた。
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

霧の街

2005.11.23 *Wed
先週から今週にかけて珍しく雨が降らない。
でもここ4日間、バンクーバー全体が一日中濃霧に包まれている。
「霧の街、VANCOUVER」
太陽をずっと見てない気がする。
見慣れた町並みも霧に包まれるとやや怪しげで夕方からはまるでホラー映画のワンシーンの様。この雰囲気、分野的にはドラキュラかな。
東京ではあまり見ないけど長野の冬は朝は霧に包まれる。
スキー場のナイターのように。
でも一日中、連日ずーっとはさすがに初体験!

バンクーバー、シアトル、そしてイギリス、冬場の天気の悪さでは有名でうつ病が社会問題になっているらしく自殺率も他所に比べ高い。
確かに太陽の光りは重要、ここに来て改めて感じた。

でも今日歩いていて・・・
これってモイスチャー効果でマイナスイオンが山盛りなんじゃないかな?
まるで滝の近くに居るようだし。
ある意味、皆癒されて事件も減りそう。

こう考えられているうちはうつ病の心配なしなの言うまでもなく。

それよりも!!
クリスマスのスタッフ集めとデコレーション、これから忙しくなりそう
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ほぼ回復

2005.11.17 *Thu
まる2日、風邪菌退治のため家に閉じこもっていたお陰で今日は熱も喉の痛みも回復。昨日はビデオ三昧の一日。フラッシュダンス、皆が知る名作だけど見たのは初めて。主役の女の子が可愛かった。
今日は久しぶりにDOWNTOWNに出てみた。
とうとうVANCOUVERも連日最高気温が6or7℃になって完全に冬到来。

そろそろHALLOWEENの飾り付けも外してCHRISTMASの準備かな。
ブログに書き込みしてなかった我が家のHALLOWEEN PARTYはとても楽しいものだった。MICHELLの友達、私の友達、約10人のホームパーティー。飾り付けをして皆でコスチュームを着て音楽をかけてダンスをしたり、怖いビデオを見て皆でキャー!!
ちなみに私は黒猫コスチューム、友達はピエロだったり魔女だったり天使や悪魔だったり皆それぞれで楽しかった。

明日は仕事!このハスキーボイスをなんとかしなきゃ!
ウガイとウガイとウガイかな。
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

SUN

2005.11.15 *Tue
今日は朝から晴天
バンクーバーの冬に晴天は貴重。しかも一日中晴れてるなんて。
ここに来て改めて「晴れ・・・太陽って大事だー」と体で感じた。
ところが私、昨日から風邪をこじらせ朝からベッド
仕事がなくて良かった。たまに庭に出て太陽を感じつつ、今日はビデオ鑑賞。
今日は「When Harry Met Sally...」
先日、友人と食事している時に話題になった「男女の友情」
日本でも度々お酒のつまみにそんな話をすることもあるけど英語で話すのもまた新鮮。
文化によって考え方は色々だけど男女によっても違って2時間くらい話し続けた気がする。
その中の一人がちょうどいい映画を持ってるということで貸してくれたのがこの映画。
Meg Ryan & Billy Crystal 2人のやり取りがとても楽しい。
時に同感できる部分があったり疑問に思う部分があったりしてカナリお勧め。
男女の友情が成立するか否かについては深いテーマのようで実はとてもシンプルかもしれない。
多分、あと2、3回は見てしまいそう。帰国したら日本語字幕で是非見たい作品。

なんとか今日中に風邪を退治して明日は外に出たい。
明日も晴れますように・・・。
20051115122750.jpg

COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

REMRMBER DAY

2005.11.11 *Fri
11月11日 今日はカナダは祝日。
「REMEMBER DAY」
11月に入ると赤いポピーの花のバッチ募金(第一次世界大戦の戦没者を悼む)が始まり老若男女、街中の人が左胸にポピーの花バッチをつけている。
戦場で流された血から赤いポピーが咲いたという詩からポピーの花がシンボルになったとのこと。
街中が平和を願っているのが伝わってっくる。

今日は仕事もなく一人で街中をブラブラした。
お昼はホットドックにコーヒーをベンチで食べた。
夕方、早めに帰宅して最近見つけた一押しのオリーブを肴に久々にビールを飲んだ。
後はソファーでゆっくりテレビでも見て今日は早めに寝よう。
たまにはこんな日もいい。
20051112121315.jpg

COMMENT (1)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

私の居場所

2005.11.05 *Sat
CAFE入り口

20051105032207.jpg

20051105032318.jpg


「how're you?」会話をしながらオーダーを聞く
20051105032521.jpg

コーヒーと雑誌や本を楽しみつつのんびり過ごすお客さんが多い
20051105032016.jpg

頑張って掃除中
20051105032111.jpg

20051105032401.jpg

朝の慌しさとは打って変わって私の働く午後のcafeはユックリ時間が流れる。これが私の居場所
COMMENT (5)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

嬉しい出来事

2005.11.03 *Thu
暫く書き込めなかったけれど今日は初めて自宅での書き込み成功!
電話線なのでカメさん並みのスピードだけど一安心。

報告
仕事先のILLIGALな問題は先日マネージャーと話をして自分なりに納得できマシタ。
マネージャーによると「インターナショナルのスタッフには7日間のトライアルをNOサラリーで受けてもらうのがお店のやり方」との事。

そこで私は気持ちを切り替えてそのことを納得して気持ちよく仕事をすることにした。
というのはこの1年間というカナダ生活、ルールに則って頑固に構えるよりも自分にとって何に重点を置くかを一番に考えるべきだと思ったから。

私は今の仕事が好き、お店が好き、お客さんが好き
トライアルの1週間のNOサラリーに拘るよりもここで仕事を続けることが私にとっては大切な体験になる。
1週間、freeで勉強ができたと思えば幸せな事。
英語が流暢ならトライアルは一日で終わってすぐサラリーがもらえるけれど、
逆に私達は単にお金稼ぎだけではなく第二外国語の勉強と海外での仕事という体験ができるのだから。

マネージャーに自分の考えを話せた、ということと気持ちの切り替えができたことで
私の心の中にあったわだかまりがスゥーっと消えていった。
そして私はこの大好きな仕事を続けている。

今日はもう一つ、いい報告を。
お店の常連さんの中に80歳位の女性が居る。
彼女はいつもオシャレにベレー帽をかぶって「cakeとsmall coffee」を頼む。
先日coffeeを飲み終わった彼女が私に近づいてきた。
「あなたの笑顔はいつも一番素敵。私を幸せにしてくれるのよ。」
優しい笑顔で私に25セントを渡した。
cafeは基本的にチップはなくお客さんはレジの隣のビンに小銭を入れていく。
彼女は「これはあなたにあげたいの」と言った。

25セント、私にとってこれは何にもかえられない彼女のハート
彼女の言葉は英語でも日本語でもなく私の心の中で響いていた気がした。
私の気持ちが伝わっている。本当に嬉しかった。

※そんな私のcafeは↓ 他の写真も次回に!!
20051103204544.jpg


20051103204702.jpg

COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



プロフィール

kinioki



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © Kinioki's café All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ( 素材:ふわふわ。り ) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。