This Category : 2007年

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

帰国後2週間

2007.12.02 *Sun
バンクーバーから無事飛行機を降り立ち2週間。
未だ地に足がついてないと感じるときがあるけれど時間はすぎていく。

バンクーバー出発直前、BLENZの皆がpartyを開いてくれた。
あの場所は私のHOMEといえる場所だった、本当に色んなことがあって、沢山の人にあった。

久々の東京
やっぱり楽しいな、いつもの景色でホッ。
わかってはいるけど、人多いよ。苦笑。
帰国後5日後の友人同士の結婚式、幸せのみんなに会うことができて二人に感謝、感謝。

そしてやっとやっとの実家
母親の顔を見ただけで心が緩む、この安心感。
父親の照れつつ嬉しそうな顔、頑固な優しさ健在。
妹は仕事に遊びに忙しい、彼女には感謝の一言。彼女が親元に居てくれるから姉は飛びまわれるわけで。
おばあちゃん、81歳、毎年ながらの干し柿つくり。元気で安心。
cool&beautifulにゃんこのChiffonもおっとりcuteなわんこSunも元気。
chiffon3.jpg sun1.jpg


さぁ、12月始まり。
2007年の締めくくり、最後まで笑顔で行こう。
スポンサーサイト
COMMENT (11)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

LAST ONE WEEK

2007.11.13 *Tue
ここのところご無沙汰してしまったKinioki's cafe

あっという間に11月に入って、そして帰国まであと一週間。
帰国まであと2回。できる限りのことをしたい。

昨年同じころに3ヶ月バンクーバーを離れたときとは何か違う。
悲しいという感情よりもとても穏やかで暖かいそんな気持ち。
mixiでの皆のコメント通り何かをやり遂げた満足感や達成感からきているのかもしれない。

さぁ、今週は忙しくなりそう。
帰国は11月18日(日本上陸11月19日)
COMMENT (5)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

HERITAGE HOUSE

2007.10.07 *Sun
長らく編集できずにいたけれどやっとやっとの編集終了。

バンクーバー、新しい街だけに街全体が近代建物。
さらにバブル状態のバンクーバーは次々に新しいコンドミディアムが建設され近代都市と化している。
その一方古いものを守っていく考えも強い。個人的建物から公共建物まで色々あるけれど今回は仕事場のカフェの近くに立ち並ぶ個人の一軒家に注目。

HERITAGE HOUSEとは個人の家だけれど築50年から100年以上で文化遺産に指定された家
HERITAGE HOUSEと認められた家の前にはこのプレートが立てられている。
20071113164514.jpg 20071113164621.jpg


ちょうどHERITAGE HOUSEのオーナーが家の前で掃除をしていた。
一目できっとこの家のオーナーの方だとわかるような穏やかなおじさん。
写真をとっといいかと聞くと暖かい笑顔でOKしてくれ、建築関係に興味があると話すとカナダの伝統的建築のことを話してくれ、私の日本家屋の話も興味深そうに聞いていた。
20071113165518.jpg 20071113165547.jpg

建築様式だけではなく、付属物もその家にマッチしている、どれだけ住んでいる人がこの家やスタイルを愛しているかがうかがえる。
20071113170110.jpg 20071113170222.jpg

家の中庭にはこんなレトロな雰囲気のものがずらり。
20071113170134.jpg20071113170155.jpg 20071113170433.jpg


バブルとオリンピックなどの影響か、なにもかもが新しくなっていくバンクーバー。
その中で古き良きものを守っていくのはとても大切なことだと思う。
そしてただただ昔のままをキープするだけではなく、現代デザインとのコラボレーションがこれからは必要になっていくんだと思う。

これは建築だけに限らず全てのことに共通する大きなテーマかもしれない。
COMMENT (3)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

Just for Laughs comedy festival

2007.09.04 *Tue
気づけばもう9月。
バンクーバーもPNE(アミューズメントパーク)が今日が最後。
ほとんとのイベントが夏で終わるので夏の終わりは寂しい。

モントリオールも夏の間はほとんど毎日フェスティバルを開催している。
そう毎日がお祭り~
私がモントリオールに滞在していたときは『Just for Laughs comedy festival 』の真っ最中。
前回紹介した中のエリア では夜になると沢山の大道芸人の人たちで溢れさまざまなショーやコンサートを見ることができる。
沢山の人が集まって、レストランやカフェ、バーは満員

さすがアーティストの集まる街モントリオール
どこに居ても何を見ても楽しめた
20070904135511.jpg とってもクリエイティブで面白かったのがこのステージ。
中世ヨーロッパの映画に出てきそうな二人の男女がステージでヘアー&メイクアートを披露。
見ている私たちの中から次々にモデルを選び、無言のまま音楽にのり髪を変えていく。
まるで人形が人を人形に変えてしまうような不思議な雰囲気。
このショーに友人が選ばれステージへ
10分後の彼女の髪はまるでマーメイドメイクもブルーのスパークリングでとってもステキ




20070904135412.jpg 20070904135617.jpg 20070904135454.jpg


色んなステージを楽しんだ後はやっぱりへ。
やっとパティオのテーブルをGETしてカンパーイ。
初モントリオールだったけど現地の友達に案内してもらい本当に助かりました

いつかまた戻ってきたい、そんな旅行だった
COMMENT (5)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

EAST OF CANADA -MONTREAL-

2007.08.21 *Tue
私のカナダ東部の旅の締めくくりはMONTREAL
あのゆったりオタワのcafebar生活に後ろ髪をひかれつつ憧れのモントリオールへ

カナダ第二の都市であり、且つパリに次ぐ第二のフランス語圏の都市。
目的はヨーロピアンな街並みとファッション、そしてもちろんcafe
初めに目に飛び込んできたのは近代的な高層ビルと歴史を感じる重厚な建物が調和している景色。
「ステキです

フランス語が主体なの街とはいえ、行き交う人々はフランス語と英語を容易く使い分けているバイリンガル フランス語がno ideaな私でも問題なし、とはいえ、最初の挨拶は全てフランス語でそこがまたオツな感じ。

20070821071440.jpg CAFEの宝庫
オタワと同じくモントリオールにはオシャレな地元cafeが沢山
独自の文化色の強いモントリオールにはSTARBACKSはほとんどない。(もちろんBLENZもなし…)
さっそく向かったのはマフィンとカプチーノが美味しいcafe あぁ~幸せぇ~



Notre-Dame de Montréal Basilica(ノートルダム大聖堂)
1829年建設の北米最大のカトリック教会。
エメラルドグリーンの天井と青い光の中にある金色の祭壇(美しいの一言)
セリーヌ・ディオンが結婚式を挙げたことでも有名
099-H[1].jpg   N-d-de-montreal[1].jpg


Rue St-Paul(サン・ポール通り)
まるで映画の中の街にいるような石畳の道の続く旧市街。
オシャレなお店が並びただ歩いているだけで楽しい。ほとんどの洋服店、雑貨店がロコデザイナーのもので人々がどれだけ自分たちの街、文化を愛しているかが表れている。
20070821082153.jpg 20070821081155.jpg


Quartier Latin(カルティエ・ラタン)
ダウンタウンの東側でオシャレなBarやCafeが並ぶ通り。地元のアーティストのギャラリーも多いこのエリアは一日中沢山の人でにぎわっている。
サン・ポール通りよりももっとそこで暮らす人々の生活を楽しめるエリア。歩いているだけでオシャレなお店が次々と現れる(興奮!)
20070823084952.jpg  20070823084932.jpg


SHOPPING
サン・ポール通りで見つけたロコデザイナーのお店『Lempreinte』
見つけてしまった“It has been waiting for me”的な帽子
もうスタイルも色も使っているものもパーフェクト
旅行中最初で最後の大きな買い物

ロブスターPlace Jacques-Cartier(ジャックカルティエ広場)付近にはロブスター通りと呼びたくなるほどロブスターレストランが軒を連ねる。
もちろん頂きましたすごいボリューム
スモークミート
東ヨーロッパから移民してきたユダヤ人が広めたスモークミートはモントリオールの名物
すごいボリューム 赤肉が苦手な私もスモークしたせいか気にならず。美味しい!
20070823091727.jpg  20070823092251.jpg


モントリオールはステキな場所が多くて書ききれないくらい。
そしてこの時期のモントリオールは毎日がフェスティバル
今回書ききれなかった“Just for Laughs comedy festival ”は次回!



COMMENT (7)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



プロフィール

kinioki



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © Kinioki's café All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ( 素材:ふわふわ。り ) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。